WEBマーケテイング設定方法

ワードプレス(WrordPress)を設定する(初心者向き)

WEBマーケテイング設定方法

ワードプレス(WordPress)を設定する

WordPressを設定する前に

WordPressを設定する前にドメインを設定します。

ドメイン設定追加をクリックします。

取得したドメイン名を入力します。

WordPressを設定します

ドメイン名を入力し終わりましたら、WordPressを設定していきます。

対象ドメインを指定し、WordPress簡単インストールから設定をしていきます。

WordPressに入ります。

このような画面が出てきます。

左上のロゴマークをクリックします。(または、編集)

ダッシュボードから設定を始めていきます。

次にサイトのタイトルとキャッチフレーズを設定します。

WordPressアドレスとサイトアドレスの http  ➡ httpsに変えておく。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: e1cf8bd018971ce07f45c1984757989e-1024x518.png

変更保存を押す

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 7e1aeac374dc4d093f5a9e5cc729aa60.png

トップに戻ってくるので、ユーザー名とパスワードを入力する。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 479fcc95b8013f61513fe208defb55a3.png

httpsというサイトが立ち上がる

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 99e50d60bfd662fe52c6ab7ef75b3e91-1-1024x743.png

パーマリンク設定をします。

表示をカスタム構造のpostmaneを設定し直します。→ 変更保存

ユーザー名とニックネーム、ブログ上の表示名をいれます。

ユーザー名とブログ上の表示名は同じにしないようにします。

プロフィールを更新を押します。

ディスカッションを設定します。

デフォルトの投稿設定を外します。

テーマを設定します。

Cocoonをテーマとして入れていきます。

ネットでcocoonと検索します。

親テーマをダウンロードします。親テーマを入れた後で子テーマを入れます。

子テーマをダウンロードします。

テーマのアップロード画面になります。

ダウンロードしたファイルを選択して今すぐダウンロードをクリックします。

このような画面になれば完了です。

次に子テーマを入れていきます。

Cocoonの子テーマも同じ手順でいれていきます。

子テーマだけ有効化します。

※親テーマは有効化しないでください。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: d3d5107f58e1f10d55373ed1c09b9583-1024x411.png

プラグインを入れていきます。

プラグインは拡張機能のようなものです。

プラグインのアップロードをクリックして、キーワードを入れます。

ここでは、contact form 7 で検索します。

有効化を押します。

必要なプラグインをいれていきます。

category order を入れます。

WP Muitbyte Path

EWWW Image Optimizer 同じようなものがあるので間違わないようにしてください。

今は無料のモードのままにするを選択 次にいく 

この画面を確認する。

Regenerate Thumbnails

XML Sitemaps

Revision Control

リビジョンを設定します。

設定 ➡ リビジョン 投稿2・固定ページ2・カスタムCSS2に設定

WP Fastest Cache

ダッシュボード下の WP Fastest Cache から設定していきます。

これでプラグインは完了です。

タイトルとURLをコピーしました