ブログ

学習塾を取り巻く環境【これから10年生き残るために】

ブログ

学習塾を取り巻く環境

塾を取り巻く環境は年々厳しさをましています。

その原因は

少子化・競争の激化・人件費の高騰が挙げられます。

それらの原因で、2014年に大手予備校の半分以上の教室閉鎖、2017年の大手塾の半数以上の教室閉鎖に見られるように、塾は縮小・倒産の数が増えています。

2017年に文部科学省が行っている「全国学力・学習状況調査」では、中学3年生の通塾率が61.2%でした。2008年には、47.3%でしたので約14%増加したことになります。

塾は縮小・倒産の数が増えてますが、

実際のところ

2018年には91件です。負債総額からするとここ10年で一番少なくなっています。

大型倒産が少なく、中小塾などの負債額の少ない塾が倒産したと思われます。

通塾率は増えている

この事実から、少子化と行っても塾に通っているお子さんは増えているのです。

実は少子化なので一人当たりにかける塾代は増えています。

では、なぜ中小塾の倒産がふえているのか。

一つは、大手塾の寡占が進んでいるので、中小塾は太刀打ちできない。

もう一つは、経営者が高齢で後継者がいなく継続できない。

しかし、中小塾の中には1教室で100人売上4,000万円というところも数多くあります。

なぜ、成功したのか。

成功の秘密は、生徒集客にある

成功している塾は、生徒集客がうまくいっているところです。

弊社が運営しているフランチャイズの塾は、90名、100名というところもあります。

競争の激しい場所、先生の集めにくい場所などさまざまです。

近くに大手塾もありますが、それでも生徒数が増えているのは、生徒集客がうまくいったからです。

生徒集客には、内部に働きかけるものと外部に働きかけるものの2つがあります。

内部=口コミ、紹介

外部=チラシ、WEB集客

です。

内部集客とは

口コミは、評判が良い塾ということになります。

成績が上がる、教室長が信頼できる、楽しく通える

理由はさまざまですが、成績が上がるというのが口コミでは大きいようです。

口コミは保護者、特に母親から発生します。

良い口コミはゆっくり、悪い口コミは5倍の速さで広がっていきます。

紹介は、紹介してもらうように仕組みをつくります。

例えば、母の日に向けてイベントを計画し実行するというものもあります。

外部集客とは

チラシ・WEB・ポスティング・門前配布などがあります。

これらには、良く効くデザインが使われます。

チラシについての詳細は以下を参考にしてください。

このデザインを使っている塾は、個別指導で地域No.1の生徒数をもっています。

WEB集客も同時に行っています。

経営方針を決めおく

私が経営している塾は、生徒数100名、売上3,000万円のころから経営方針がありました。

会社理念と教育理念です。(大きくなるにつれて何度か作り直しました)

こういう方針を決めておくと、方向がぶれないので塾運営がしやすくなります。

そして、3年計画を立て1年ごとの売上目標を立てます。

まずは、そこから初めてみると良いと思います。

具体的に計画を立てる

売上目標を立てたら、いつ何をしなけらばならないかということが明確になってきます。

例えば、売上5,000万にするという目標を立てます。現在1教室100名で3000万円だとします。

これを達成するには、多店舗展開をしなければなりません。

そのためにやることは

市場調査を実施します。

場所選び、生徒数の確認、塾の調査、所得、社員を雇うかを決める、看板、広告宣伝、ポジショニング

など多岐に及びます。

エリアマーケティング戦略を立てる

ターゲットと地域を絞って、自分が決めたターゲットに沿ったチラシとホームページを作成する。

USP(強み)を見つけて他の塾との差別化を宣伝していく。

それらを有機的につなげて集客に結びつけます。

そうすると、生徒集客もできて安定した経営ができます。

タイトルとURLをコピーしました